最新機種WX06と人気W06を比較!おすすめのWiMAXルーターはどっち?

Pocket

WiMAXを契約する場合は自分でモバイルwifiルーターを選ぶ必要があります。
機種ラインナップは豊富でどれが良いか判断に悩むことも。しかも最新機種WX06が発売されたばかり。
そこで今回は最新2機種を比較しながらWiMAXを使うならどっちがおすすかを解説していきます。

【最新情報】WiMAX新機種「WX06」登場!

WiMAXに限らず、新商品ほど性能が高くなりますよね。
特にインターネット通信の場合、速度が上がるほど快適な利用が実現できるため、最新機種が好まれます。
これは、WiMAXでも同じで、最新機種を購入するのが最早セオリーとなっています。

WiMAXはHAWEIとNECの2社の端末を取り扱っており、HAWEIはW06、NECはWX06が最新機種となります。

今間ではW06が最新機種として多くのメディアで取り扱われていましたが、2020年1月30日に発売されるWX06が最も新しい端末です。

では今までのセオリー通り、WiMAXの機種選びは最新機種WX06で間違いないかを、両機種を比較してみましょう。

WX06の特徴やWX05と比較

WX06は、現在WiMAXで購入できる最も新しい端末となります。
まずは、基本的なスペックを確認していきましょう。

下り最大速度 440Mbps
上り最大速度 75Mbps
サイズ 約111×62×13.3mm
重量 約127g
連続動作時間 最大840分
連続待受時間 最大700時間

下り最大速度は、残念ながら旧機種WX05と同じく440Mbps。
では、違いはどこかと言うと、まず2.5GHzと5.0GHzが同時に利用できるようになったことから通信接続の安定性が飛躍的に高まりました。
また、QRコードを読み取るだけで簡単に端末に接続できるようになったので、パスワード入力の手間がありません。

W06の評判やポイント

W06は、HAWEI製の機種で高速インターネット通信ができると速度の評判が高い機種。
こちらもスペックを確認してみます。

下り最大速度 1.2Gbps
上り最大速度 75Mbps
サイズ 約128×64×11.9mm
重量 約125g
連続動作時間 最大540分
連続待受時間 最大800時間

W06は光回線にも匹敵するギガ超えの速度を実現しているのが特徴。
人気の高い大きな要因となっています。
また、電波の受信感度が大きく向上しており、接続が困難だった場所でも改善されています。

WiMAXのギガ放題プランに加入すれば、無制限のデータ通信を超高速ネット通信で楽しめるというWiMAXのサービスに相性ピッタリの機種と言えるでしょう。
おすすめのWiMAXルーターを比較
では、上記WX06とW06の機種を比較した場合、どちらの機種が優れているかと言うと重視するポイントによって異なってきます。

まず、長時間外で利用する場合は、バッテリーの持ちが良い機種のほうがコンセント探しに奔走しないで済むので安心。
この場合はW06と比較して最大300分長いWX06のほうがおすすめと言えるでしょう。
いっぽう、通信速度にこだわりたい人は、WX06と比較して2倍以上のスピードを実現するW06がおすすめ。
固定回線と比較すると安定性に欠けるwifi通信ですが、それでも光回線に匹敵する速度を実現できるのは魅力です。

以上最新WiMAX2機種を比較した場合、おすすめ機種は下記のようにまとめられます。

  • バッテリー重視 ⇒ WX06
  • 速度重視 ⇒ W06

キャッシュバックキャンペーンを利用して賢く契約

WiMAXはプロバイダの中には機種代が無料の場合が多いです。
通常購入するなら数万円もするので、契約するなら絶対に機種代金無料がおすすめ。

もちろん、最新機種も対象となっているので、WX06またはW06を比較して好きな方を選ぶと良いでしょう。

さらに、WiMAXプロバイダでは、機種代無料に加えてキャッシュバックキャンペーンを実施しているとろこも少なくありません。

月額料金プランが多少高くても、キャッシュバックを受け取れば実質的に料金プランが最安になる可能性が大きいです。

実際にキャッシュバックが他社WiMAXプロバイダと比較して圧倒的に高いGMOとくとくBBの場合、月額料金プランは安くはないものの、実質負担額では最安を実現しています。

月額料金プランとキャッシュバックで比較

WiMAXプロバイダ GMOとくとくBB BroadWiMAX
月額料金プラン(平均) 月額4,310円 月額3,656円
キャッシュバック 最大34,500円 0円
実質負担額合計
3年契約
120,660円 131,626円

上記比較テーブルを見ても分かるように、月額料金プランだけではBroadWiMAXのほうが安いですが、キャッシュバックキャンペーンにより最大34,500円受け取ることができるため、実質負担額大きく下がります。

月額料金プランだけ見ても、キャッシュバックキャンペーンだけ見てもどのプロバイダがおすすめかは分かりません。

「実質負担額」で各WiMAXプロバイダを比較することで初めて、おすすめのプロバイダが分かるということです。

 

WiMAX比較